■豆乳で更年期障害予防対策



   更年期障害とは、一般的に、閉経をはさんだ10年間
   ぐらいの期間にわたって、更年期特有の心身に起こる
   症状のことを言います。日本人女性の平均の閉経年齢は、
   50歳前後と言われているので、45才から55才
   ぐらいまでの間が更年期とされています。

   更年期障害のおもな症状には、体のほてり、のぼせ、
   発汗、めまい、頭痛、倦怠感、血圧やコレステロール
   の上昇などですが、更年期障害の最大の原因は、女性
   ホルモンであるエストロゲンの減少と言われています。

   大豆に含まれるイソフラボンの成分は、エストロゲン
   に非常によく構造が似ています。このことからイソフ
   ラボンを体内に取り入れると、エストロゲンと同じよ
   うな役割を果たすのではという研究が盛んになりました。

   その結果、更年期の女性にとって、大豆(豆乳)が
   大変重要な食べ物であるということがわかりました。
   大豆(豆乳)をよく食べる人と、あまり食べない人と
   比べると、食べない人の方が更年期障害の症状が重い
   という結果が出ました。

   イソフラボンの必要量は、1日に40〜50mg程度
   とされています。これを毎日摂取するとさらに効果的
   です。納豆なら毎日1パックですが、納豆の独特の
   ねばりが体によい成分とはいえ、好き嫌いもあるよう
   です。豆乳なら、1〜2本 (コップ1杯〜2杯程度)
   程度で、好きなときに飲めばいいので、大変手軽です。
   豆乳は、手軽に摂取できて更年期障害の予防・改善
   にもつながります。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ どんな種類がある?
  ★ 美肌効果バツグン
  ★ 便秘解消効果
  ★ ダイエットの味方
  ★ 大豆の栄養素
  ★ 更年期障害予防