■大豆の栄養素



   豆乳に含まれる栄養素について、ご説明しましょう。
   豆乳は、大豆から作られていますが、大豆のもっとも
   代表的な栄養素は大豆イソフラボンという栄養素です。
   大豆イソフラボンは、大豆の胚芽(芽)に含まれる
   成分で、フラボノイドの一種です。

   イソフラボンは、研究により、女性ホルモンのエスト
   ロゲンに構造がよく似ていることがわかりました。
   更年期障害、骨租しょう症、ガンなどの予防や改善
   効果についての研究がさらに進められています。

   大豆に含まれるレシチンは自然の動物や植物の細胞内
   に必ず存在する成分です。細胞に酸素や栄養の吸収
   する作用があり、不要物の排出など、生理的な機能を
   促進して、新陳代謝をスムーズにします。

   また、血液中の悪玉コレステロールをきれいに溶かし
   てくれるので、血液循環をよくする働きがあります。
   大豆レシチンから作られるコリンという成分は、脳の
   神経伝達物質であるアセチルコリンという成分にかわり、
   これによって脳神経の働きが活発になります。記憶力
   や集中力が高まり、脳の老化・認知症状の予防にも
   つながります。

   近年の研究で脳内のアセチルコリンの不足は、アルツ
   ハイマー (認知症) と関係があることがわかりました。
   アセチルコリンの成分は、アルツハイマーの治療薬と
   して用いられています。現代人には、レシチンが不足
   している人が多いと言われています。わたしたち人間
   の心身の健康を維持していくためにも、豆乳は必要
   不可欠な食材であることがわかりますね。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ どんな種類がある?
  ★ 美肌効果バツグン
  ★ 便秘解消効果
  ★ ダイエットの味方
  ★ 大豆の栄養素
  ★ 更年期障害予防