■豆乳の種類



   現在、市販されている豆乳は、JAS(日本農林規格)の
   規定により、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料という
   ように3つに分類されます。この区分の違いは、大豆
   固形分の含有量によって区別されます。無調整豆乳と
   表記された豆乳は大豆固形分8%以上、大豆タンパク質
   換算3.8%以上となっています。

   無調整豆乳とは、その名のとおり、味をよくするために
   調味料などもまったく使用していない豆乳です。大豆を
   搾ったままの状態で、豆乳本来の味が濃厚で、大豆を
   まるごと飲むタイプの豆乳です。大豆の青臭さが抑えら
   れる製法が確立して、大豆そのものの栄養分がまるごと
   吸収できる飲み物になりました。健康志向・自然志向で、
   オススメです。

   調整豆乳は、大豆固形分が6%以上、大豆タンパク質
   換算3.0%以上となっています。豆乳を製造する過程で、
   甘味料・香料・植物油などを適度に加えてくせがなく
   飲みやすいように加工したのが調整豆乳です。また、
   カロリーカットした豆乳は、製造段階で脂肪分などが
   調整されているので、調整豆乳となります。

   豆乳飲料は果汁入りで、大豆固形分2%以上、大豆タン
   パク質0.9%以上となっています。その他の場合は大豆
   固形分4%以上、大豆タンパク質換算1.8%以上です。
   豆乳を身近に、おいしくて飲みやすく調整したのが豆乳
   飲料です。豆乳飲料には、麦芽豆乳、コーヒー豆乳、オレ
   ンジ、ヨーグルト、バナナなどがあります。バリエー
   ション豊富な豆乳飲料は育ち盛りの子供たちにも大人気です。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ どんな種類がある?
  ★ 美肌効果バツグン
  ★ 便秘解消効果
  ★ ダイエットの味方
  ★ 大豆の栄養素
  ★ 更年期障害予防